Akihiko Onji

手の怪我の後遺症で通常スタイルでの演奏が困難となり、タッピングスタイルのみでの演奏に移行する。
■2011年ジャズピアニスト・クリヤマコト氏のアドリブコンテスト優勝
■Billboard Live OSAKAにてクリヤマコト氏と共演
■2015年イギリスのJAM TRACK CENTRAL主催JTC Guitar Solo Contestにてトップ10ファイナリストに選ばれる。
■2017年イタリアのギターメーカーEGOguitarとエンドースメント契約

https://twitter.com/akihiko_onji

拘りの奏法、拘りエフェクタ

拘りの奏法
拘りのエフェクター

- C10H12N20/セロトニンを導入したきっかけを教えていただけますか?

KarDiaNとの出会いは2018年の『楽器フェア』で、友人の紹介でした。その場で試奏させてもらったC10H12N20/セロトニンは、軽くセッティングしただけで自分の欲しかったサウンドが飛び出してきたので凄く興奮しました。C10H12N20/セロトニン以外もすべて試奏させてもらいましたが、どれもクオリティーの高いサウンドで自分の環境でチェックできればと感じたのを覚えています。その後、僕の演奏スタイルに興味を持ってもらえたことからビルダーの北田氏に全機種お借りする事ができたので、自宅やスタジオでのサウンドチェック後すぐにC10H12N20/セロトニンを導入する事に決めました。

▲ 前段の歪み後にノイズリダクションをかけるのが、空間系を際立たせるコツだ。

タッピング奏法で大切なニュアンスの再現性

タッピング奏法で大切な
ニュアンスの再現性

- C10H12N20/セロトニンのよさを具体的に教えてください 

まず、C10H12N20/セロトニンで気に入っているところはニュアンスです。僕はすべてタッピングスタイルで演奏しますが、今まで聞こえてこなかったニュアンスが聞こえてくるような、そんな発見をさせてくれるペダルです。C10H12N20/セロトニンは自分の中にあるメロディーをより忠実にアウトプットする助けになってくれます。それから、ブライトなサウンドだけではなくウエットでダークなサウンドでも音が埋もれず前に出てきてくれます。EQの効きも良く、トレブルとベースを少し触るだけで好みの音色に近づくところも気に入っていますね。直感的な音作りが可能でRoland-JC-120との相性も良くスタジオでも重宝しています。

▲ 今回特別にAkihiko Onji氏にデモ演奏動画を作っていただいた!是非タッピングニュアンスが活きる演奏を観て欲しい。

マルチエフェクターとマッチさせ立体的な音像を作る

マルチエフェクターとマッチさせ
立体的な音像を作る

- 最後に、C10H12N20/セロトニンの使い方を教えてください

使用するアンプによって状況は変わりますが、まずアンプをクリーンからクランチ手前位にセッティングしています。C10H12N20/セロトニンのセッティングはボリューム9時〜10時、ドライブ3時あたりが好みで、ベースとトレブルは使用するアンプやギターによって調整する感じです。あと他の歪系ペダルと一緒に使ったりマルチエフェクターとの相性も良いので、空間系はマルチ、歪みはC10H12N20/セロトニンにすることでコンパクトならではの立体感のある音色を加えることが出来てオススメです。僕自身、C10H12N20/セロトニンとZOOM/Multi Stompの組み合わせで使っていますがとても気に入っています。

使用機材

インタビューにお答えいただきありがとうございました!
Akihiko Onjiさんの最新情報は
下記でチェックできます。

インタビューにお答えいただきありがとうございました!Akihiko Onjiさんの最新情報は下記でチェックできます。